オブザーバー・サポーター協力団体

国内バディウォーク開催の先駆をいくNPO法人アクセプションズ。立ち上げ当初からNDSS(全米ダウン症協会)への申請、企画運営方針のシェアなど数多くご指南いただいています。ありがとうございます。

イベント統括 スズキ キヨシHP

ニンジャム研究所≒京都ニンジャムキッズ ロゴ、グッズデザインなどを協力いただき弟分としてキッズくんやイベント当日には手裏剣道場を開催! 忍者力をアップさせてくれます。

後援協力いただいている皆さま

(財)日本ダウン症協会は、ダウン症をもつ人たちとその家族、支援者でつくる会員組織です。

私達の会は、21番目の染色体が1本多い21トリソミーといわれるタイプが95%をしめるダウン症児と、染色体に傷がついていたり、欠けていたりする染色体異常児を育てている親が集まり、悩みや思いをいろいろ出しあう中から、子ども達にとっていま何が必要なのか、そして将来の為に何をしていかなければならないかを考え、医療、療育、生活面についての情報を集め提供していくことを目的に活動しております。

人間尊重と社会連帯の理念のもと、京都・滋賀両府県民をはじめ全国の皆さまの善意に支えられ、すべての人が「ともに生きる」福祉のまちづくりを目ざして、幅広い福祉活動を展開しています。京都新聞社を母体とする事業団は、新聞社の持つマスメディア機能を活かして、社会の福祉ニーズを的確にとらえ、情報を発信し、先駆的な事業を積極的に推進します。






友好協力いただいている皆さま

財団法人 子供の城協会はダウン症児、様々な障がいを持つ子供たちの療育や治療に従事する協会です。

トイボックスは、こども達と親を元気にするプロフェッショナル集団。多くの領域の活動を通じてこども達と親が元気でいられる社会を作ることを目標とするNPOです。

医師から障害児と診断されながら障害者手帳交付基準除外なために支援の受けられない子供たちがいます。そんな児童や家族の負担を少しでも軽くすることを目的としています。

京都府内のダウン症の子を持つ親がたちが作った会。写真展「しあわせのかたち」を企画運営。各種イベント・役立つ情報などを発信しています。

ダウン症の子を持つお母さん。この子たちの笑顔を信じて、一緒にがんばりましょう。 手と手をとりあって、つながって、でっかい輪っかになりますように。 そしてここが居心地のよい場所になりますように。TTPJ 素敵なメンバーが集っています。

東京の第1回バディウォークでは「ギフト」 第2回のバディウォークでは「きみはキラキラダイヤモンド」をテーマソングとして歌われているMIMOさん。京都は第2回バディウォークでステージを魅せてくださいました。

ひまわりの会は、滋賀県大津市内において、ダウン症児を健やかに育てる上で必要な医療、療育、教育、生活面での情報の収集・交換、そして会員間の交流を図ることを目的とした親の会です。

ダウン症のある人たちとその家族が正会員の京都の団体です。もっとこの子たちの可能性を広げたい!将来的な自立を目標にたくさんの経験をさせたい!その為には、たくさんの人に知ってもらいたい。たずさわってほしい。手助けしてほしい。そんな思いから保護者が立ち上げたのが「わくわく^kyoto^」です。

大阪を中心としたダウン症候群のこどもを持つママたちの会 。のんびり育つこどもたちと、楽しく育児しましょ♪

Down Syndrome - okinawa ダウン症候群というキーワードで、なんの接点もなかった人たちが繋がるって面白い。 ダウン症候群☆親ばかプロジェクト。 ダウン症候群のあるお子さんを被写体とした、親ばか写真プロジェクト。 小さな沖縄から「ダウン症のあるお子さんがいらっしゃる親ばかさーん」と呼びかけましたところ、全国各地(国外も)から53点のステキな作品群が集まりました。

名古屋すまいるマイルは、ダウン症啓発イベント「バディウォーク®」開催を目指して集まったグループです。

『バディウォーク®仙台』2015年秋の開催! ダウン症のある人もそうでない人も、ダウン症を知る人も知らない人も、ともに歩き、同じ時間を過ごして心のバリアフリーを♪